LINK
事故は、自分だけの自損事故と他人が関わった事故が存在します。自分だけで起こした事故の場合は自分で事故の対応をすれば完了しますが、第三者が関わった交通事故はどちらにどのくらい落ち度があるのかを調査して、その結果によって車の修復のお金が和解金の金額等が決定されますので車の保険会社の担当の方を交えての相談が不可欠です。大多数の自動車での事故の時各々に少しは間違いがあるケースが大多数で一方だけの間違いであるという場面は多くないようです。当然赤信号で止まらなかったり、一時停止を無視したなどは多大な過失なりますが被害を受けた人であっても責任があったと判断されます。車の事故の状況ではどのドライバーのミスが原因で発生したのかというのがとてもポイントになりますので、この結果を分かりやすく表した材料が「過失割合」(過失割合)というものです。例えば、上記の信号無視や一時停止でもそのまま進んだケースであるならば道路交通法上相手側がすべての間違いがあると思いがちですが、その状況でその自動車が被害者の前方から来て自分の目で確かめられる場面だったとしたら事故の被害者でも注意不足があるとして10%ぐらいの責任があると認められる状況もあります。言うならばこの場合は事故を起こした方が9割事故に巻き込まれた側が1割過失の割合となり数字が大きいとそれだけの間違いが問われるのです。事故の過失割合は前の判例を元に結論付けられる時が大半で、日弁連交通事故相談センターから示されている基準などが元として利用されています。この過失割合で、割合が大きいほどミス、要するに賠償金も大きくなると考えられるので事故後の交渉は事故当事者だけでなく保険屋さんの担当者に加わってもらって落ち着いて交渉することが必要です。